庭の環境を整える為には必要なアイテムや業者を知ろう

業者選びも大事

剪定を依頼するには大きく分けて二つの方法があります。一つ目は訪問セールスする業者に依頼する方法。二つ目は広告やハローページなどの職業別電話帳から剪定できる業者を選び依頼する方法があります。いずれの場合も剪定を行えることは間違いないのですが料金、作業内容、アフターサービスに違いが現れます。訪問セールスの業者はむやみに声掛けをせず訪問先の植木の状態を見て剪定や手入れが必要と判断した場合に訪ねてきます。依頼主がまだ不要としていても業者自身の判断で作業を持ちかけます。依頼者自身で剪定を希望し広告や電話帳などから業者を選ぶときは電話で見積もりや作業依頼をすることになります。どちらの場合も見積もりをとり作業を依頼しますが業者によって必要以上の作業を組み入れることがあります。その作業が植木の養生に必要だと判断しての見積もりですが依頼主が剪定だけを希望している場合などは直接交渉することになります。剪定業者には植木を活かす技術や経験がありますので作業依頼する際は作業内容について十分に話し合う必要があります。

植木の手入れが趣味としている人以外は伸びた植木の枝を見たとき自身で切ろうとはなかなか思いつきません。数本程度の植木ならば見よう見まねで剪定ばさみを使い切ることは出来ます。全ての植木を見た目も美しく剪定するには時間も体力も必要です。夏の盛りなどは熱射病の心配もあります。体力や時間の関係で一度に作業しなくても数回に分ければある程度は作業可能ですがやっかいな問題が残っています。切った生木の処理です。切った後には枝の生木が発生していますのでその後片付けと廃棄をしなければなりません。庭で焼却できる環境にある家庭は少ないので多くの場合公共の廃棄場所まで運搬し手続きをします。このように面倒な作業を全てこなすには相当な労力が必要です。専門の業者ならば見積もりから作業終了、養生まで行うのでとても楽です。依頼するメリットは十分にあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 庭の環境を整える為には必要なアイテムや業者を知ろう All Rights Reserved.